大学受験は太りやすい!勉強もダイエットも両立したいならこの食生活で

管理栄養士えま

今は管理栄養士ですが
何度もダイエットをした経験があります。
とくに受験期はストレスもあって大変だったな..

大学受験で7kg太り、栄養学を学んだおかけで今はもとに戻りました。

今回はわたしの経験をもとに正しいダイエット法を紹介していきます。

大学受験で太った原因

管理栄養士えま

高3になって運動部をやめたこともあるけど、食生活がみだれて一気に太ったなぁ。

受験生活でふとる原因としては4つあります。

  • 体型のまちがった思いこみ
  • リバウンドする食事
  • 受験へのプレッシャー
  • 睡眠時間をけずる

1つずつみていきますね。

体型のまちがった思いこみ

まずは自分の体型を正しく知ることが大切。

肥満レベルがわかる「BMI」を計算してみましょう[1]

体重(kg)÷[身長(m)×身長(m)]

計算してみてくださいね。

その数値がわかったら、ご自身はどれかみてみましょう。

  • 18.5未満:やせ
  • 18.5~24.9:ふつう
  • 25以上:肥満
管理栄養士えま

わたしは22でふつう体重でしたが
筋肉が少なくて体脂肪が多くてぽっちゃりしてましたね。
体重だけをみずに体脂肪も考えましょう。
体脂肪も計れる体重計があるといいですが
ない場合は筋肉をつけることを意識してみてくださいね。

リバウンドする食事

やせると思っていた食事法が、じつはリバウンドする食べ方でした..

反面教師として下の記事からご覧くださいね。そのときの食事を書き記しました。

管理栄養士えま

食事のかわりにお菓子を食べたりしてました。
エネルギーが少なくても、栄養素不足で太ってしまいます。
食事内容を考えましょうね。

受験のプレッシャー

なにより、受験でのストレスが大きかったですね。

強いストレスは食欲ホルモンをたくさん分泌します。それで甘いものを食べたくなってたんです..

ストレスで太るメカニズムについては下の記事でまとめています。

https://everydayvegetable.com/stress-diet/

受験のころ、成績があがらない、まわりの友達は伸びてるのに、、と悲観してました..

塾の先生から成績のことで注意をうけて不安や心配でいつも苦しかったですね。

そのストレスから過食することがおおかった..

そんな忙しいと思う時こそ、大変なときこそ、
『意識的に』リラックスする時間をとってほしいんです。
リラックスするとダイエットにいいから。

  • 食欲がおさまる
  • 便秘がよくなる

リラックスすると、食欲をおさえるホルモンが出やすくなるから。そして、ストレスがあるとき便秘になりやすいのですが、便秘も治りやすくなります。便秘解消にはストレス解消にくわえて排便の時間である朝ごはんを食べると効果アップ。『便秘に効く朝ごはん|管理栄養士おすすめの朝食』で紹介しています。

リラックスする時間ももたいないと思うかもしれませんが、まず体調をととのえると勉強にも身がはいって、効率がいいですよ。

睡眠時間をけずる

勉強のために睡眠時間をけずってたけど効率がわるい..
そのうえ睡眠不足は食欲が増すホルモンがおおくなるから過食したりお菓子を食べてしまうんです

塾の先生も『おれのときは2,3時間しか眠らなかったぞ~』という人もいたので、まねしてしまいました..

もしそんなことで自慢する人がいたら、耳から流してください。

今思えば、しっかり眠らないとダイエットだけでなく勉強にもわるい..

大事な受験まで体がもたなくなってしまう。

睡眠不足のデメリット

  • 食欲が増す
  • イライラする
  • 便秘になる
  • 頭がまわらない

よく寝ると勉強したことが頭にはいりやすくなります。

ダイエットにもいいので、できれば7~8時間は寝ましょう

まとめ 受験生のダイエット法

  • 体重よりも体脂肪や筋肉をかんがえる
  • お菓子ではなく食事をしっかりとる
  • リラックスタイムを
  • 7~8時間ねる

受験でプレッシャーがあるかと思いますが、健康なからだがあってこそ勉強できます。
同じ受験を経験した1人として健康に受験生活を過ごされることを願っています

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA