ラテックスアレルギーは果物に注意すべき!

ラテックスアレルギーで注意すべき食べ物
管理栄養士えま

ラテックスアレルギーは果物にも反応します。
注意すべき果物と対策法を紹介していきますね。

ラテックスアレルギー

天然ゴムの手袋を常用する人にみられるアレルギー[1]

ラテックスアレルギーの人は、特定の食べ物にもアレルギーを起こしやすい(交差反応)ので注意が必要。

※交差反応とは

アレルギー原因となるもの以外で構造が似たものにもアレルギー反応が起こること。なのでアレルギーを発症すると、いくつかのアレルギーをもつことも少なくない。

ラテックスアレルギーの注意すべき食べ物

とくにアレルギーを起こしやすい食品:キウイ、バナナ、アボカド、クリ、トマト、ポテト[2]

研究によって少し結果がちがいますが、重篤な症状を起こす食べ物として、そばも挙げられていました。[3]

果物でアレルギーがでやすいことから、「ラテックス・フルーツ症候群」とよばれています。

ですが、上に示したようにトマトやポテトもリスクが高いんです。アレルギーを起こしやすいのが果物で多いせいかそのような名前になったかもしれませんね。

ラテックスアレルギーの症状

症状は軽度のものから重度のものまであります。

口内やのどの違和感、唇の腫れ、かゆみ、鼻がつまる、鼻炎、顔のじんましん、胃腸症状、喘息症状、アナフィラキシー

ラテックスアレルギーの人は食べ物にもアレルギー反応が出やすいですが、逆にある特定の食べ物にアレルギーをもっていてもラテックスアレルギーになることは少ないそう。[4]

ラテックスアレルギーになると食べ物のアレルギーも気をつけた方がいいということですね。

また、そのラテックス・フルーツ症候群も発症する人は、アトピー性素因をもつ人が多いとのこと。実際、私もアトピーを再発して、ラテックスアレルギーとラテックス・フルーツ症候群と思われる症状がでました。

アトピーの症状もよくしたくて、自分でできる方法を下の記事にまとめました。完治は難しいようなので日ごろから食生活に気をつけています。

>>アトピー性皮膚炎をなおしたい私のまとめ|論文から考えられる原因と対策

アトピーをもっていましたら注意してみてくださいね。

1番は医療機関でアレルギーかどうかを診断してもらうのが確実です。もし体の異変を感じたら見てもらうことをおすすめします。本当はラテックス・フルーツ症候群でないのに疑った食べ物を避けていたら、食べれるはずの食べ物が楽しめなくてもったいないですよね。私も今は症状が続いているので控えていますが、診断してもらいたいと思っています。

ラテックスアレルギーで注意すること

ラテックスアレルギーの人は下のことを注意すべきだそう

  • ラテックス含有ゴム製品
  • 果物・野菜・穀物などの食べ物アレルギーの併発
  • 組み換え遺伝子の作物
  • 化学物質

ラテックスアレルギーを完全に治す方法はまだないみたいなので、ラテックスフリーの手袋にするなど心がけましょう。

組み換え遺伝子食品や化学物質も抗原となって、アレルギーを起こすことがわかっているとのこと。環境に優しい製品を選ぶことが、体にも優しくなりますね。

ラテックスアレルギー対策

私はアトピー性皮膚炎が再発したのでゴム手袋をつけて掃除したり皿洗いをしていたのですが、よく使うようになったせいか、その3年後にアレルギーがでました。今はゴム手袋をつけずに、肌にやさしい掃除用シートや洗剤を使うようにしています

そして、ゴム手袋で違和感を感じた年に、やはり果物で唇がかゆくなったり胃腸の違和感がでましたね。私もラテックス・フルーツ症候群だなぁと。アレルギーかなと思った果物は注意しています。人に出されたときは食べてしまいそうなので、メモしてつねに見えるようにしておくといいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA