プロテインの目的別のえらび方!カゼイン、ホエイ、ミルク

プロテインの選び方
管理栄養士えま

プロテインでもいろいろ種類があって迷いますよね。
今回は目的別に3種類を紹介していきます。

プロテインの選び方

主原料によってプロテインはわかれています。

今回は「カゼインプロテイン」と「ホエイプロテイン」、「ミルクプロテイン」について紹介!

カゼインプロテイン

カゼインは生乳由来で、乳たんぱく質の80%を占めます。

カゼインはゆっくり分解されるので、持久性の運動に合っています。

ホエイプロテイン

牛乳や乳製品にふくまれるたんぱく質の1種。

ヨーグルトで上澄みがみられますよね。あれがホエイ(乳清)です。

ホエイプロテインはカゼインプロテインとちがって、吸収が早いですが、持続時間は短いです。

なので、きつめの運動をしたあとの疲労回復に向いてます

ミルクプロテイン

さきほど紹介したカゼインとホエイを2つとも含んでいるのが「ミルクプロテイン」です。

持久性の運動をするときはカゼインプロテインをとり、

運動後に筋肉の分解をふせぐにはホエイプロテイン。

通常の生活で健康のための運動ではミルクプロテインをとるといいですね。

ある研究ではレジスタントトレーニングで疲れたからだには、カゼインプロテインよりもミルクプロテインがいいとしていました。カゼインとホエイをどちらもふくんでいるので、ミルクプロテインはいいのかもしれませんね。

胃腸が弱い人にはおすすめしない

管理栄養士えま

プロテインはたんぱく質を手軽にとれていいですが、
添加物もおおいので胃腸のよわい人には胃もたれすることがあります。

実際に、胃もたれしてしまう、という方から相談をうけました。

プロテインでなくても、食事でたんぱく質をしっかりとれるなら十分です。

管理栄養士えま

お肉やお魚、たまご、豆腐を自分で調理したら、添加物をさけることができますよね。

わたしも胃腸が敏感なので、できるだけ自炊しています。

添加物のとりすぎは体の不調になることがあります。

食事が補えないから、手軽にとりたい、だけど添加物が心配という方にいいですよね。

添加物のからだへのデメリットについては下の記事でまとめています。

管理栄養士えま

筋トレやダイエットでプロテインがブームですが、自分にあうか判断することも大切。
原材料をチェックしたり、自炊してたんぱく質をとりましょうね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA